ピルの副作用の吐き気とは

ピルの副作用には吐き気がある

ピルは、安全性が高い避妊薬です。しかし、副作用がまったくないかと言えばそのようなことはありません。

避妊効果そのものは得られたとしても、飲用した方の体質やその日の体調などによって、何らかの副作用が生じる可能性があるからです。

具体的な副作用としては、吐き気や頭痛、胃の痛みや倦怠感などが挙げられます。避妊効果を得られる反面でピルを飲むことによりホルモンバランスが崩れてしまい、胃や食道が荒れてしまったり生理周期がずれたりしてしまう可能性があります。

それが原因で身体に対して良くない症状が起こるのです。

こういった副作用は、毎日飲むピルだけではありません。

緊急避妊薬のような形で用いられているタイプのピルに関しても同じように吐き気や発熱などの体調不良が生じることがありえます。

体調が良いときに一度試し飲みをしておくなどの対策が好ましいとされています。

ピル副作用の吐き気の対処法

ピルを服用していて吐き気を感じた場合、その吐き気の度合いによって対処は異なります。

我慢できるレベルの吐き気であれば、薬が体に慣れるまで我慢して服用しましょう。ピルの吐き気は、慣れると治まることが多いと言われています。

その理由は、体内のホルモンバランスが一定に保たれるようになるからです。最初のうちは、ピルによって増えた女性ホルモン量に身体が慣れていないので、吐き気が生じます。

もし、日常生活に支障が出るレベルで吐き気が重いのであれば、服用を中止して病院に行きましょう。

体調が回復した後は副作用を招いたピルの使用は避けて、違う避妊薬を服用することが重要です。ピルから別の避妊薬に変えるだけで、体調不良から開放されたという例があるというのがその理由になっています。