ピルの副作用の頭痛とは

ピルの副作用には頭痛がある

ピルには副作用として頭痛が起こる場合があります。この症状は服用を開始した頃に起こることが多いです。ホルモンバランスが崩れてしまったことが原因として発症してしまうと考えられています。

心臓が脈打つような症状が出てくるのは、卵胞ホルモンと呼ばれるものが深く関わっている可能性が高いです。

卵胞ホルモンの量が減ってしまうと、心臓が脈打つ感じになります。頭の両側や片側、後頭部などといった部分が発作的に激しく痛むのです。血管が詰まって重大な問題を引き起こす場合もあります。

このような痛みは薬の服用を休止している期間に発生しやすいです。ドラッグストアなどで売られている一般的な頭痛薬を服用して、痛みが軽減されるようであれば特に心配しなくても大丈夫な場合が多いです。

ピルの服用を始めてから普段とは異なる激しい痛みがある場合は、ピルを処方してもらった医師に相談するようにしましょう。

ピル副作用の頭痛の対処法

ひとくちにピルといってもその種類は多岐にわたります。3相性のものや1相性のものなど、多種多様です。

1相性を飲んでみて副作用が辛く感じるようであれば、3相性のものへ変えるということも一つの手です。

もし、副作用が出てしまうという場合には、ホルモンの量が根本的に少なく配合されている超低用量ピルを使うことで、症状を改善できます。

ホルモンバランスが崩れてしまったり、量が多いなどといったことが、主な原因となります。含有されている量が少ないものに変えるなどして対処していくとよいでしょう。

始めは強い症状が出ていたとしても、時間が経過していくにつれてだんだんと治まってくることも多いです。

市販されている頭痛薬を服用して軽減されるようであれば心配する必要はありません。

いつもの頭痛とは違う痛みが出てきたときは、ピルを処方してくれた医師に相談して指示を仰ぐようにしましょう。