ピルの副作用の体重増加とは

ピルの副作用の体重増加とは

避妊目的でピルを服用する人が増えてきましたが、実は様々な副作用が起こる可能性があります。

その一つが体重増加です。そもそもピルには合成されたエストロゲン、プロゲステロンという2種類の女性ホルモンが含まれています。

この2つの女性ホルモンを摂取する事で、卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモンの分泌を抑える事ができます。排卵が起きない仕組みになっているのです。

経口摂取で女性ホルモンを取り入れる訳ですから、当然ホルモンバランスも崩れやすくなります。

そうなると体に水分を溜め込みやすくなり、体のむくみも気になるようになります。水分を体に溜め込んだ分、もちろん体重も多くなります。しかし、むくみは体の生理現象の1つなので、それほど心配する必要はありません。

ただホルモンバランスが乱れると食欲が増進する人もおり、普段より食べ過ぎて太ってしまう人もいます。この場合は食べ過ぎた分が贅肉や脂肪として体につくようになるので注意が必要です。

ピル副作用の体重増加の対処法

ピルの服用をする際、特に飲みはじめは気を付けなければいけません。

最初の頃は副作用も現れやすいです。食欲が出るタイプの人は抑えられなくなり、どんどん体重が増えてしまいます。

ただ薬のせいだからと放置していても、体重が勝手に減る事はありません。今後もずっとピルの服用を続けるならば、自分でコントロールしていかなければならないのです。

ちなみに薬に慣れる事で、吐き気や頭痛などの副作用は軽減されていきます。食欲も抑えられるようになるかもしれませんが、一度体についた贅肉を落とすのには時間を要します。

日頃から運動したり、よく咀嚼してゆっくり食事をしましょう。また、食事はなるべくカロリーの少ないメニューにするなどして、体重を減らしていくしか方法はありません。

もし自分でコントロールする事が難しければ、他のピルに変えてみるという方法もあります。

実は服用しているピルが自分には合っていない可能性もあり、他のピルに変える事で副作用も起こりにくくなるかもしれません。